タクシードライバーの仕事とはどんなものか

タクシードライバーの仕事とはどんなものか

タクシー

タクシー業界は人手不足が深刻

日本は自動車大国といわれている国の1つであるにも関わらず、若者の自動車離れが危惧されています。モノレールや電車なども便利ですが、やはりタクシーを利用する人も多いです。そのため、タクシー会社では様々な待遇を設定してドライバーの求人を出しています。会社によって待遇も変わりますので、まずは求人情報をチェックしてみましょう。

履歴書

未経験者でも歓迎してくれる

タクシードライバーをやりたいが、運転手などの経験がないから、どういった業務内容かわからないと考える人も少なくありません。そんな人のために、東京などのタクシー会社では、未経験者にはきちんとした研修や講習を行い、安心安全を心がけたドライバー育成に力をいれています。また、タクシー会社によっては2種免許取得の援助も行ってくれることがあります。

タクシードライバーになるまでの流れ

JOB

タクシー会社で面接を受ける

タクシー会社では常に求人募集をしています。そのため、興味がある場合、求人広告などに記載されている連絡先に問い合わせてみましょう。また、ハローワークなどでも求人を出している場合があるので確認してみましょう。その後面接の予約をして、決められた日に面接を受けます。

面接に受かれば講習に入る

面接に合格すれば、まずは車に慣れる事が大切なため、講習を受けることになります。自動車学校などで習う一般的な車に関しての知識ですが、講習を受けるのと受けないのでは、認識も大きく変わってくるからです。また、標識などの再確認にもなります。

必要な資格を取得する

タクシードライバーには第二種運転免許が必要不可欠になります。また、東京などの都心になると、タクシーセンターが開催している地理試験に合格する必要があります。そのため、必要になる資格を取得します。会社によっては、その資格取得の支援を行ってくれることがあります。

研修を受けて道を知る

タクシードライバーの多くが、初めてドライバーになるという人ばかりです。また、道に詳しくないということに不安を持っている人も少なくないため、研修を行っている業者があります。担当する地域の地理を覚えたり、タクシーに設置されている機械の操作を覚える必要があります。

ドライバーとしてタクシーを運転する

研修などを全て終えると晴れてタクシードライバーとして、ハンドルを握ることができます。直接車を走らせると、研修で習ったところ以外でわからない点などもでてきます。そういった点を先輩ドライバーに聞く事で、知識を深めることができます。

広告募集中