求人の多い保育士とはどういった仕事なのか

求人の多い保育士とはどういった仕事なのか

先生と子供

子どもと触れ合い成長を見守る仕事

保育士の仕事とは、子供達と触れ合いながら、健康で安全な環境を作り、発達を見守ることにあります。そのため、食事の時やトイレの時、お昼寝の時など、様々な点で子供達に関わることができます。また、生活に関する事を教えることで、成長していく子供達を1番近くで見ることができるのも、保育士の特権とされています。

保育士の求人が多い理由とは

少子高齢化といわれる日本ですが、子供の人数が減っているわけではありません。現状では、多くの子供達が保育園などへ入園することができず、待機児童として待っている状態です。そのため、多くの保育園が保育士の求人を出しています。しかし、様々な問題から「潜在保育士」と呼ばれる立場の人たちが増えているのも事実です。

保育士の求人が多い時期を知ろう

保育士は様々な場面で活躍する事ができる人材といわれています。そんな保育士の求人が多くなる時期が存在します。それは、10月から11月の秋頃、2月から3月の年度末になります。新年度が始まる4月に向けて、新しい先生を募集することが多いのです。

保育士の免許は様々な場面で活かされる

保育士の資格は、保育園以外でも様々な点で活かすことができます。そのため、保育士から転職を考えていたり、年齢の影響で保育園など大人数を見るのが難しいと考える人でも、求人を探すことができます。また、長い間保育士から離れていた人も、ベビーシッターなどの仕事から徐々に間隔を取り戻し、保育士に復帰する道もあります。

保育士の資格を持っている人に向けた求人

  • 乳児院
  • 児童養護施設
  • 盲児施設・ろうあ児施設
  • 肢体不自由児施設
  • 自閉症児施設
  • 母子生活支援施設
  • 重症心身障害児施設
  • 知的障害児通所施設
  • 病児保育
  • ベビーシッター

広告募集中