目の下の皮下脂肪が減少するとたるみの原因になる|手術で改善

効果的な施術

微笑んでいる女性

イオン導入とは何か

何歳になっても、顔の頬やおでこにニキビができて悩む方は多くいます。ニキビは、ストレスや不摂生な食事で過剰な皮脂が分泌されることで起こります。強い炎症が長く続くと、色素沈着やニキビ痕が残ることがあります。そのようなニキビを予防できる治療として、美容皮膚科ではイオン導入が人気です。この美容皮膚科の施術は、微弱な電流で皮膚の深部までビタミンCを浸透させるものです。そもそも皮膚の角質にはバリアゾーンが有り、外部からなかなか美容成分が浸透しないです。しかし、イオン導入では肌のバリアを低下させることで、成分を浸透させやすくできます。ビタミンCには、ニキビの原因となる皮脂の過剰な分泌を押さえる働きが有ります。また、真皮のコラーゲン合成を促進して、にきび痕を改善できます。なので、ニキビに悩んでいる方にはおすすめの治療です。

施術後の注意ポイント

イオン導入は、美容皮膚科で行われているニキビ予防効果の高い施術です。数十分の施術で痛みもなく、確実にニキビ予防の効果が得られます。しかし、施術後には患部を良好に保つためにいくつかの注意点が有ります。まず、イオン導入で浸透させるビタミンCには皮脂の分泌を抑える作用があります。したがって、平時よりも肌の皮脂が減るので、イオン導入後は肌がつっぱることがあります。皮脂が足りなくなると、肌の乾燥、外部からの刺激を受けやすくなります。なので、健全な肌を保つためには、いつもよりも保湿ケアを丁寧にやることが大事です。化粧水を何回も入れ込んだ上で、保湿成分のセラミドなどが配合された美容液を使うと効果的でしょう。その他の美容皮膚科での施術後の注意点は、外出する際は紫外線対策をすることです。肌のバリア機能が低くなっているので、紫外線でシミができやすいからです。ちょっとした日差しでも甘く見ずに、日焼け止めや日傘などUVカット商品を活用して、紫外線をガードするのが大切です。